• アレクサンダー・リープライヒ

    Alexander LIEBREICH

    指揮

    CONDUCTOR

    © Bartek Barczyk

プロフィール

ドイツのレーゲンスブルク生まれ。ミュンヘン音楽演劇大学とザルツブルク・モーツァルテウムにて学び、クラウディオ・アバドとミヒャエル・ギーレン両氏の薫陶を受けた。現在、プラハ放送交響楽団首席指揮者、リヒャルト・シュトラウス音楽祭芸術監督。ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ベルギー国立管、BBC響、BBCスコットランド響、ベルリン放送響、ミュンヘン・フィル、バイエルン放送響、シュトゥットガルト・フィル、ドレスデン・フィル、ルクセンブルク・フィル、チューリッヒ・トーンハレ管、ブルノ国立フィル、ワルシャワ国立フィル、サンクトペテルブルク響、NHK響、読売日本響、マーラー・チェンバー管、ベルリン古楽アカデミー等へ世界各国のオーケストラへ客演を重ねている。近年ではBBCスコットランド響、バレンシア響、カスティーリャ・イ・レオン響、オレゴン響、シンガポール響、台北響、オレゴン響、日本フィル、京都市響等へもデビュー。リサ・バティアシヴィリ、クリスチャン・ツィメルマン、フランク・ペーター・ツィンマーマン、ゴーティエ・カプソン、アルバン・ゲアハルト、リーラ・ジョセフォヴィッツ、イザベル・ファウスト等、世界的なソリスト達と定期的に共演している。
加えて革新的なプロジェクトもプロデュース、2002年にはユンゲ・ドイチェ・フィルと共に北朝鮮と韓国を訪問、2011年には韓国のトンヨン国際音楽祭の音楽監督にヨーロッパ人として初めて就任、異文化交流を目的とした「イースト・ウェスト・レジデンス・プログラム」を実現、韓国にハイナー・ゲッベルス、ウンスク・チン、マルティン・グルビンガー、細川俊夫、ベアート・フラー等の作曲家の招聘を実現。これまでミュンヘン室内管弦楽団芸術監督兼首席指揮者、韓国のトンヨン国際音楽祭音楽監督、ポーランド国立放送交響楽団首席指揮者兼芸術監督を歴任。シマノフスキとルトスワフスキの作品集をはじめ、ハイドン、モーツァルト、イサン・ユン、細川俊夫まで幅広いレパートリーのレコーディングをAccentus、ECM、ドイツ・グラモフォン、SONYへ残しており、いずれも国際的に高い評価を得ている。2016年にはバイエルン州政府から文化賞特別賞を受賞。





ムービー | Movie ムービー | Movie

アレクサンダー・リープライヒの関連動画 1
アレクサンダー・リープライヒの関連動画 2
アレクサンダー・リープライヒの関連動画 3
アレクサンダー・リープライヒの関連動画 4
アレクサンダー・リープライヒの関連動画 5
アレクサンダー・リープライヒの関連動画 6